GT21's WAYグリーンテクノ21の存在意義

卵殻からスタートする、よりよい社会への軌跡
緑色の下矢印

これから
その説明をします

“卵”という完全素材“卵殻”という新素材

卵のモチーフと卵のメリットのアイコン

「卵」は、世界中で「食材」としてよく知られていますが、
実は何かを生み出すための「素材」としても非常に優秀です。

卵黄、卵白だけでなく、膜から殻に至るまで全てが活用できるという、
「完全素材」とも呼べるほどの可能性を秘めているのです。

捨てるところのない素材が捨てられ続けているという実態

素材としてのこうした潜在能⼒とは裏腹に、
⽇本では約80%の卵殻が活⽤されることなく廃棄され続けています。
その量およそ25万トン(※)。
国内⼯場全てを⾒渡せば、「使えるものを捨てる」という⾏為に
年間約15億円という廃棄コストが⽀払われているのです。

※うち再利用可能な卵殻はおよそ6万トン。

卵殻廃棄の実態(卵殻の80%が廃棄されている、25万トンもの卵殻廃棄 、15億円の廃棄コスト、悪臭汚染)

「卵殻は再利用して当たり前」
事業を通して
その常識をつくる

こうした現状を受け、
私たちは「卵殻のアップサイクル」、
すなわち「廃棄されるはずだった卵殻を再利⽤し、
世の中のニーズを満たす商品をつくる」
という事業を⾏っています。

upcycling

地元の食品メーカー様からの卵殻廃棄、粉末処理機械による卵殻粉砕、アップサイクル商品の開発・生産、地元の学校やスポーツジムなどで活用

価値を創出するこのサイクルを、
18年間ひたすら繰り返してきました。

product

  • グラウンド用白線

    グラウンド白線

  • 土壌pHを整える有機石灰

    土壌pHを整える有機石灰

  • チョーク

    チョーク

  • 野球用ロジン

    野球用ロジン

  • ユニフォーム用洗剤

    ユニフォーム用洗剤

  • クライミング用チョーク

    クライミング用チョーク

「再利⽤する」だけではなく、「ニーズを満たす」だけでもない。
これら2つが揃うことで初めてビジネスは成⽴・持続可能なものとなり、
持続可能な社会もまた、その先にようやく⾒えてくるものであると
私たちは考えています。

future

sustainable!!廃棄される卵殻の山
現在
未来
計量台
2500000t
卵殻廃棄が減っていく様子を見る人卵殻廃棄が減っていく様子を見る人卵殻廃棄が減っていく様子を見る人卵殻廃棄が減っていく様子を見る人

大量に廃棄される卵殻のうち、
現在私たちが達成している再利用量はおよそ年間6,000トン。
この再利用量が増えるにつれ、持続可能な社会が姿を現していきます。

SDGsにおける分類

12 つくる責任 つかう責任
goal.12

つくる責任つかう責任

12.52030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

12.5.1各国の再生利用率、リサイクルされた物質のトン数

廃棄ゼロ達成のための3つの戦略

廃棄ゼロ達成のための3つの戦略

卵殻の再利⽤によるビジネス⾃体はそう新しいものではありません。とくに2000年代は多くのベンチャー企業がこの主題にチャレンジし、
夢半ばで挫折していきました。

GT21にとって、「卵殻の廃棄をゼロにする」というミッションは
決して途⽅もない⽬標ではなく、確かなロジックの元で現実的に描いているものです。
そして、近い将来それを達成することができたとき、
私たちはその成功要因について以下の3つのポイントから振り返ることになると考えています。

1本質的アップサイクル

「環境」だけにフォーカスしては「環境」を守ることはできない

「環境に良いから」という理由での購買は、⽐較的余裕のある⼀部の層を除くと、エンドユーザーの⽅々にとっては継続の難しいものです。そして、継続的な購買が⾒込めなければ事業としての継続も難しく、私たち⾃⾝も理想へのステップを登っていくことが困難になります。

シェア7割のロジンバッグ

ガイアロジン

従来品より安価かつ従来品より安全

グリーンテクノ21の代表からのコメント
良いものだから買いたいそんな商品だけを作ります

2独自のエコシステム

「仕組み」からはじめるものづくり

卵殻の新たな使い道を考案し、良い商品を作り出す。アップサイクル事業においてそれは⼯程のひとつに過ぎません。

私たちの事業は、⼤⼿メーカーなどを含むサプライチェーンの中で⽣かされているものであり、理念への理解・共感と安定した供給によって成⽴しています。

独自の仕組みの一例

卵殻感想粉砕装置(GT21)

低コストで円滑な供給のため提供元の工場に設置

グリーンテクノ21の代表からのコメント
卵殻を集めるところから最適な仕組みを考えました

32つの事業モデル

18年の実績を活かし事業をムーブメントへ変えていく

創業から18年間、私たちの卵殻アップサイクル事業の主たる柱は「⾃社商品の開発」でした。

「強い信頼関係で結ばれたサプライチェーンの中で、⻑年培ってきた技術⼒・企画⼒・販売⼒を活かす」という企業の核は変わりませんが、ここから先、「廃棄ゼロ」の達成のためには、この価値観をさらなるうねりに変えていく必要があります。

協業商品事例

プラタマパウダー 積水ハウス㈱資源循環センター

プラタマパウダー積水ハウス㈱資源循環センター

グリーンテクノ21の代表からのコメント
他社との協業によって事業をさらに加速させます

つまり…

GT21が目指す
ソーシャルインパクト

GT21が目指すソーシャルインパクト

さらに詳しく知りたい⽅は、以下のページをお読みください。

お問い合わせcontact

ご意見、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

0952-30-0702お問い合わせフォーム
GREEN TECHNO21